朝晩2回のフェイスマッサージで、顔のむくみやたるみを解消しよう!

むくみやたるみ発生のメカニズムとは?

顔がたるむ主な原因は顔の細胞内に老廃物や脂肪が堆積することです。細胞内の老廃物はリンパ液によって回収されますが、血液のように心臓のポンプ作用で循環するのではなく、リンパ管付近の筋肉が収縮することによって体内を流れるので、筋肉の動きが悪くなるとリンパ液の流れも悪くなり、むくみやたるみを引き起こしてしまうのです。

リンパ液の流れを良くするマッサージとは?

それでは、リンパ液の流れを良くするマッサージを具体的に説明します。
先ず第一に顔の中心から外に向けて、小さな円を描くように指先で顔を優しく撫でるようにマッサージしましょう。
次に親指を使ってアゴ先から耳に向かってフェイスラインを引きあげるように擦ります。
最後に、首筋のリンパ管を上から下へ、顔と同じように小さな円を描きながらマッサージしましょう。
顔の中心からリンパ管に向けて老廃物を押し流す事をイメージしながらマッサージするのがコツです。マッサージの効果は約8時間程度なので、朝晩2回を毎日行なうことをオススメします。

これは逆効果!マッサージの注意点

折角のマッサージもやり方を守らないとかえって逆効果になりますので下記の点に注意しましょう。
まず、1回あたりのマッサージの時間は3分までです。長くやる方が効果的な気がしますが、やり過ぎは皮膚や細胞を痛めてしまい逆効果です。次に、マッサージの方向を間違わないようにしてください。首の下から上にマッサージしたり、顔の外側から内側にマッサージすると老廃物を顔に集めてしまう事になるので、あくまでもリンパ液の流れに沿ってマッサージすることを心掛けてましょう。
以上、注意事項を守り継続的にマッサージを行なえば、かなりの効果が期待できます。

品川美容外科の2chについて詳しく